お金借りる前にチェックしておきたいこと まとめ

LINEで送る

 

2-03

お金借りる時に、必要な書類とかいうのはあるのでしょうか。

 

まず書類ですが、本人確認が必要になります。これは運転免許証がいいのですが、もし免許証を持っていない場合は、保険証やパスポートでもかまいません。

 

それから収入証明の書類です。最近は収入証明は要らない所も多いのですが、在籍確認をしてほしくない時に備えて、会社名が入った給与明細を、直近数か月分持参するのがいいでしょう。

自営業の人は、確定申告書のコピーを持参してください。

 

最近はお金借りる場合は、窓口だけでなくネットからでもできるようになっています。

ネットの場合は、その会社のサイトにあるフォームに必要事項を入力して送ってください。

この時は書類は、FAXかまたはアプリを使って送ります。その後審査があります。

 

審査は、その人に収入があるかどうかと、ブラックが登録されていないかどうかを見られます。

ブラックは、ローンの返済を3回続けて延滞した時とか、債務整理をした場合に5年から7年の間登録されますので、延滞を何度かしたとか、債務整理をしたことのある人は、場合によっては審査に通らないこともあります。

 

それから、消費者金融でお金借りる時は、総量規制に気を付けましょう。

総量規制は借り過ぎ防止のために、年収の3分の1に当たる金額までしか借りられないようになっています。

消費者金融での借り入れはすべてこの総量規制の対象となるので、他にも消費者金融からお金を借りている人は注意してください。

 

また専業主婦が夫名義でお金借りる時は、この限度額があるため、夫の同意が必要です。

つまり、内緒で借りることができなくなります。

ですから、夫に内緒で借りるとか、限度額を超えるけど借りたい時には、総量規制対象外の消費者金融とか、総量規制がない銀行に申し込むのがお勧めです。

 

お金を借りるときは、慌てずにこれらをよく確認してから借りるとスムーズに融資が受けられます。

 

 

LINEで送る

The following two tabs change content below.
お金借りる.com
40代目前にして、フリーで独立。趣味であったインターネットを本業に。当ブログを始めさまざまなサイト運営に携わる。建築業で培った根性と販売業で学んだ接客能力で、「読んでいる人を元気にさせる」「人の役に立つ」記事を書くのがポリシーです。このブログが何か一つでもお役に立てれば幸いです。