キャッシュレスはもう常識? 新時代のキャッシング 未来を大予測!!

LINEで送る

images

 NTTドコモが2015年3月26日に配信を開始したインターネット専用のバーチャルカード、「ドコモ口座Visaプリペイドアプリ」が今、クレジット業界や利用者の間で話題となっています。

2013年9月17日にドコモ口座Visaプリペイドはサービスの提供を開始していましたが、今年に入ってそのアプリが登場。

今までののウェブブラウザ版に比べ、専用アプリになったことで

①口座の開設~Visaプリペイドカードの発行までの操作が直感的になり、

②画面の切り替わりも約3割減らし、利用明細の確認や利用停止など、カード管理のパフォーマンスが向上

し、クレジットカードを持たない若い世代にも急速に広まりつつあります。

 

お金の借り方の基準を変えるといっても過言ではないドコモ口座Visaプリペイドですが、一体なぜ、これほどまでに注目を浴びているのでしょうか。

その理由の背景には、2020年の東京オリンピックに向けて国がインフラ整備を推し進めている施策の中で、「キャッシュレス決済の促進が、経済や商取引の活性化や新たなビジネスチャンスにもつながることから、官民一体となって取り組みを推進」させているからという点があげられます。

 

経済産業省の発表によれば

「キャッシュレス決済は、現金取扱い業務の削減や、現金引き出し等の手間の削減や取引決済の安全性の向上、買物弱者や介護が必要な高齢者にとっての利便性の向上、行政分野における徴収や給付事務の効率化、決済に伴って得られるビックデータの活用等による販売機会の拡大など、幅広い分野において様々な効果が期待される」とあり、

今後のキャッシュレス化に向けた方策として

(1)海外発行クレジットカード等での現金の引き出しが可能なATMの普及

(2)地方商店街や観光地等でのクレジットカード等決済端末の導入促進

(3)公的納付金の電子納付の一層の普及

を掲げています。

これによりますますのキャッシュレス化時代が到来することは間違いないでしょう。やがて財布を持たない時代が、そぐそこまで来ている感じがしますね。

 

018

 

「ドコモ口座Visaプリペイドアプリ」がクレジット業界や利用者の間で話題となっているのは、「審査不要でショッピング決済が可能」な点です。クレジットカードの審査に落ちた人にとっては、まさに救世主!

特にインターネットで買い物をするとき、手軽にネット決済で利用できるので、今までクレジットカードを持たなかった人や若い世代にも利用者が増えています。

 

2016年1月から、社会保障や税金の申請や手続き・管理にはマイナンバーが用いられることとなり、マイナンバー制度の本格的な運用が始まりますが、スマホとマイナンバーの連動が実現すれば、スマホでショッピング決済をするときに本人確認をマイナンバーで識別といったことにもなるでしょう。マイナンバー自体のアプリも開発、運用されるかもしれません。

 

 「ドラえもんの時代はすぐそこまでやってきている?!」

今朝のテレビの情報番組でヤマハ発動機が開発し、東京モーターショー2015でお披露目となったヒト型自律ライディングロボット『MOTOBOT』やGoogleが開発中の無人バイクが特集されていましたが、インターネット専用のバーチャルカードといい、無人走行バイクといい、こういった新技術は昔マンガで読んだ「空中浮遊自動車」など、近未来の時代の到来を予感させてくれますね。2027年にはリニアモーターカーの運行開始も予定されていますし、「空中浮遊自動車」がメジャーになるのもそう遠くはないのではないでしょうか。それまで長生きしていたいです。

筆者の個人的な願望も含めて言えば、100年後にはドラえもんが本当につくれてしまうのではないか?とさえ、思ってしまいます。(笑)

想像力が掻き立てられたので、新時代のキャッシングについて近未来の予測をしてみました。

 

「キャッシングの近未来予測」

①東京オリンピック2020に向けてキャッシュレス化がますます加速⇒現金以外のショッピング決済のみの買い物エリアができる(選手村など)
②販売手法はマルチチャネル化からオムニチャネル化
③全てのショッピング決済はクレジットカードからスマホ決済がスタンダードに
④審査不要で手軽に使えるドコモ口座Visaプリペイドアプリのようなバーチャルプリペイドカードが、消費者金融や他のクレジットカード会社の顧客を奪う形に
⑤これに対抗して、各社とも似た機能のアプリを開発する
⑥スマホよりも小型でポータブルな電子決済専用総合端末の開発
 (IDカード機能、電子マネ機能ー、プリペイド機能、計算機、クレジット機能、
 音楽、防犯機能、 マイナンバー識別機能等が一体化。行政サービスとの連動)

 

予言通りになるかどうか、「信じるか信じないかはあなた次第」です!

 

LINEで送る

The following two tabs change content below.
お金借りる.com
40代目前にして、フリーで独立。趣味であったインターネットを本業に。当ブログを始めさまざまなサイト運営に携わる。建築業で培った根性と販売業で学んだ接客能力で、「読んでいる人を元気にさせる」「人の役に立つ」記事を書くのがポリシーです。このブログが何か一つでもお役に立てれば幸いです。