カードローンの審査に落ちる理由

LINEで送る

 

024_convert_20151107111306

141751sこちらでは「審査に落ちる理由」を紹介しています。カードローンの審査に落ちてしまったことのある方や「自分は審査に通るのか不安」をお持ちの方は、こちらで確認しておきましょう。

 

 

【信用情報機関に登録される内容】

  icon-arrow-circle-o-right 申込みの情報 

氏名、生年月日、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号、照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等

  クレジットの情報

契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名、報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況、割賦販売法対象商品の支払状況、貸金業法対象商品の支払状況等

  利用記録

利用日、利用目的、利用会社名等

 

【審査が通らないケース】

※これらのうち1つ、または複数の該当項目があると、審査不合格となってしまいます。

〇虚偽の申告・記入漏れ

〇遅延、滞納などの履歴がある

〇スコアリングの点数が合格基準より低い

〇他社からの借入れ件数が多い

〇年収の1/3を超える借入れ残高がある

〇3社以上の会社に申込みを行って審査落ちしている

〇固定電話がない

〇収入(年収)が少ない

〇賃貸物件に一人暮らしで居住年数が短い

〇勤続年数が1年未満、または無職の場合

 

141751s特に赤字の項目は1つでもあると即NGとなります。銀行や他の金融機関からの借入も厳しいでしょう。なお、信用情報機関や自動審査の採点基準についてはこちらから

 

▲TOPページへもどる

 

LINEで送る

The following two tabs change content below.
お金借りる.com
40代目前にして、フリーで独立。趣味であったインターネットを本業に。当ブログを始めさまざまなサイト運営に携わる。建築業で培った根性と販売業で学んだ接客能力で、「読んでいる人を元気にさせる」「人の役に立つ」記事を書くのがポリシーです。このブログが何か一つでもお役に立てれば幸いです。